2019年、真菌学術シンポジウム及び年度真菌学会年会

2019年、真菌学術シンポジウム年度真菌学会年会112開催され、台湾各大学院研究機関熱心参加円満閉幕しました今回のシンポジウムでは台湾の大葉大学と大栄生物科技協力によって、二段階の培養基原料投入が発表され、と培養基pH固定化され、冬虫夏草菌胞外多糖体発生の影響に関する、研究結果は各界の専門家の注目と肯定を受けました

多糖体は多くの同じまたは異なった単糖からなる化合物で、自然界の植物体の中に広く存在しています。澱粉、セルロース、多聚糖、ペクチンなどを含み、すでに人々の日常生活の中で重要な部分になりました。植物の多糖の源が広くので、異なる植物の多糖の分子構成はそれぞれ違っています。冬虫夏草からたものは冬虫夏草多糖といいます冬虫夏草多糖は巨大な研究潜在力を持っていて、冬虫夏草多糖の抗酸化能力は良くて、人体の生理の機能を調節して維持することができます。人体內に多量の自由基が含まれていると人体内部機能の酸化性が損傷を生じる。

大栄生技前瞻技術部の趙士慶氏は、「今回の科学技術部計画を通じて大葉大学の徐泰浩教授と共に努力し、冬虫夏草菌の細胞外の多糖体の発生量を高めることに成功発表しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">html</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*