Category Archives: News-jp

経済省中小企業課の指導の下、台中市が主催するこのグランドイベントは、10月9日、彰化県、南投県、苗栗県、雲林県、嘉義市、新竹県、台東県などを10月9日、台中市草悟道で開催されます。 台湾中部の研究開発エネルギーと産業の新たな未来を示すために、「台湾中部の地域産業革新研究開発(SBIR)共同成果展」を開催しました。
9月26日(土)、大葉大学食品応用バイオテクノロジー学科の徐泰浩教授と修士・博士課程の大学院生20名以上が大栄公司に来て、学術・業界の交流を深めました。 1999年以来、大栄公司は、大葉大学の生物産業科学技術学部の徐泰浩教授と協力してきました。教授によるサナギタケ栽培の独占的な技術移転を取得することに加えて、サナギタケ栽培プラントを設立し、一連のサナギタケ健康製品を発売しました。 より多くの消費者にサナギタケを知ってもらうために、「サナギタケの王様」や「サナギタケの新世代」などに関する特別な本を次々と執筆しています。
20人以上のサナギタケの専門家が、大栄公司の菌種センターと栽培場、および遺伝子研究部を訪れ、大栄のサナギタケ利点と厳格な品質管理プロセスについて学びました。 この相互交流を通じて、学界と産業界がより緊密になり、より高品質で実用的な製品を生み出していきたいと考えています。
109年の申請分野は、民生化学、金属機械、食品・バイオテクノロジー・医療、オプトエレクトロニクス、スポーツ・レジャー・イノベーションサービスの6つの主要分野であり、合計143軒のメーカーが申請を提出し、各分野の技術審査委員会により2段階で審査されました。 数百の優れた企業間の激しい競争の中で、35社がこのプロジェクトからの助成金を受け取るために選ばれました。そのうちの4社は食品とバイオテクノロジーおよび医療であり、大栄公司はその中一社でした。
「人々の健康意識の継続的な改善により、ヘルスケア業界は急速な成長の時代の到来しています。過去の年配消費者の位置付けとは異なり、この消費者グループはより若い人々の間に広がっています。健康食品メーカーとして大栄バイオテック公司は、産学のギャップを減らし、産業界が必要とする優れた才能を育成するために、台中科技大学と協力して、産業界で最新の情報と実践プラットフォームを提供することにより、台湾の健康食品の全体的な競争力を強化します。
冬虫夏草製品が海外に販売進出にもっと自信が持ちになります。 2020年2月5日に、フィリピンの有名な健康食品セールスチームであるW2W INTERNATIONAL の20人以上のプロのセールスエリートがご来社に来ました。 大栄公司の原料の優位性と化粧品用途の可能性について学びます。 今回の交流を通じて、より多くの国際的な人々に冬虫夏草の良さを知ってもらい、 Cordyceps Militarisの化粧品への応用の可能性についてもっと学びました。
研究は無限であり、革新は突破口です! 大栄バイオテック公司は、「科学と技術、研究開発、イノベーション」を継続的に追求し、学び続け成長し、さまざまな技術と健康栄養食品を積極的に研鑽し、予防医学に積極的に貢献し続け、より良い未来を創出します。 2020年、大栄公司研究開発チームは発明特許であるCordyceps militaris接種の設備(特許証明書番号I681711)を取得しました。
イノベーションはいつまでも停止しない!大栄生技研究開発チームは再び中華民国特許認証を取得しました。 新型キノコ菌育成測定装置(特許証番号M 582293)。リーン生産は保健食品の製造においていつまでも停止せず、優れた品質の原料を求めています。
2019台湾食品科学技術学会年会及び学術セミナーは、11月29日に台中国立中興大学理学ビルで開催され、国内外の食品専門家を集めて食品科学技術の研究を促進し、食品科学技術文化に関する宣伝を行い、大栄生物科学技術前瞻技術部と研究開発部のスタッフが一緒に参加して、盛挙に参加しました。
大栄生物科技総経理游富華さんは台湾経済研究院の8番目所の訪問を受けました。台中工策会と大分県政府による台湾との連携、大栄生物科技はここ数年来日本のメーカーと密接に協力して、何度もすばらしい成績を作って、製品の品質と技術はすべて国際メーカーの認可を得ます。国際マーケティング顧問施性岳さんは「日本企業はまずウェブサイトを通じて台湾企業に対して初歩的な理解を行った後、台湾を訪問し会議を行います。どのようにインターネットを通じて、台湾の中小企業にとって重要な方法です。
1 2 3 6